2017.02.10

タブレットPOSレジの利用に必要な設置環境とは?

タブレットPOSレジの利用に必要な設置環境とは?

POSシステムには様々な種類があり、それぞれの種類で特徴が異なります。そんなPOSシステムのなかでも、近年注目されているのが「タブレットPOSレジ」です。
タブレットPOSレジの導入には、いくつかメリットがありますが、同時に考えなければいけないのが、端末や周辺機器などの設置環境についてです。タブレットPOSレジを導入する前に、こうしたメリットや設置環境について考えてみましょう。

タブレットPOSレジの魅力

タブレットPOSレジの魅力

POSレジは、スーパーやコンビニなどを中心に導入されてきました。従来のガチャレジでも、金額の計算や提示などその場での取引に必要な作業を行うことができました。POSレジは、そこにさらに踏み込んで、販売管理や分析の作業を行うことができます。また、インターネットを利用して、リアルタイムで情報の確認・分析ができることも、POSレジの大きな魅力と言えます。
そうしたPOSレジのなかでも、近年導入されることが多くなったのがタブレットPOSレジです。タブレットPOSレジは、文字通りタブレットなどのスマートデバイスを端末として利用できるPOSシステムのことで、ほかのPOSシステムにはない魅力がいくつかあります。
魅力のひとつは、コストを抑えることができるということです。POSシステムは端末導入の初期費用だけでも50万円程度かかることがあります。さらに、ソフトの導入費用なども含めると100万円を超えることも珍しくはありません。
一方、タブレットPOSレジの場合、端末はタブレットなどの一般的なスマートデバイスを利用するため、初期費用はそれほどかかりません。ソフトの導入もアプリをインストールするだけでよく、ほかの費用としては、クラウドサービスの月額利用料程度です。こうしたことから、ほかのPOSシステムよりもコストを大幅に削減できます。
2つ目の魅力は、省スペースであること。POSターミナルやPCPOSといったPOSシステムを使おうと思うと、やや大きめの専用機器を設置する必要があります。そのため、店内にある程度の専用スペースを用意する必要があります。これに対してタブレットPOSレジは、スマートデバイスを端末として利用するだけなので、大きなスペースは必要としません。持ち運びもできるため、場所を選ばずに利用することができます。こうした使いやすさが、タブレットPOSレジの大きな魅力であると言えます。


タブレットPOSレジの設置環境

タブレットPOSレジの設置環境

タブレットPOSレジを利用するためには、いくつか用意すべき設置環境があります。そうした設置環境について、簡単にご紹介します。

インターネット環境

タブレットPOSレジを利用する場合、インターネット環境が必須となります。インターネット経由でクラウド上にデータを蓄積するため、光回線などの高速なインフラが最適です。

キャッシュドロワ

キャッシュドロワは、ガチャレジやPOSレジにも設置されている、紙幣や硬貨を収納するための引き出しです。タブレットPOSレジは、タブレットなどのスマートデバイスを端末として利用するため、キャッシュドロワを別途用意しなければいけません。

レシートプリンタおよびキッチンプリンタ

レシートプリンタは会計時にレシートを出力するためのプリンタ、キッチンプリンタはオーダーをキッチンに直接出力するためのプリンタのことを指します。これらも用意する必要があります。


USENレジ FOODの仕組み

USENレジ FOODは、iPadを用いたタブレットPOSレジです。端末に専用アプリをインストールすることで、POSレジとして利用することができます。USENレジ FOODには商品登録やリアルタイム売上集計管理、売上実績の自動集計、売上実績の自動分析など様々な機能が搭載されており、日々の会計業務だけでなく、店舗の運営改善にも活用できます。
クラウド上で管理を行っているので、インターネット環境さえあればどこからでもデータにアクセスが可能です。複数店舗の運営を行っている場合でも、各店舗の状況をリアルタイムで把握することができます。
この機会に一度、導入のご検討をしてみてはいかがでしょうか。

導入をお考えの方はこちら

お電話でのお問い合わせ
0120-117-440(年中無休:9:00~22:30)