2017.02.16

タブレットPOSレジで、
外出先から店舗の売上を確認!

タブレットPOSレジで、外出先から店舗の売上を確認!

POSレジは、ガチャレジに比べて高機能なレジです。会計機能のほかにも、売上の自動集計や分析など様々な機能が搭載されています。そのなかには、外出先からでも売上をリアルタイムで確認できるPOSレジもあります。オーナー様にとって、どこにいても売上を確認できることは店舗運営の大きなメリットとなります。
そこで今回は、近年注目されているタブレットPOSレジの概要や、外出先からリアルタイムで売上を確認する活用メリットについてご紹介します。

タブレットPOSレジとは?

タブレットPOSレジとは?

近年、様々な店舗でタブレットPOSレジが導入されています。タブレットPOSレジは、タブレット端末を使用するので従来のPOSレジのように設置のために大きくスペースを取ることがないため、スタイリッシュな雰囲気の店舗にも違和感なく溶け込みます。また、簡単に持ち運ぶことができるため、設置場所の変更も容易です。そうしたスマートさ、スタイリッシュさが注目されるタブレットPOSレジには、それ以外の面でもいくつか注目すべきメリットがあります。

導入費用が比較的安価

POSレジは便利なものではありますが、その費用の高さから敬遠されることも少なくありません。POSターミナルの場合、専用の端末だけでも50万円程度かかることがあり、導入費用等を合わせると100万円を超えるケースもあります。パソコンを使ったPCPOSの場合でも、新しく端末を用意するとなると一定の費用がかかります。
その点、タブレットPOSレジはiPadなどのスマートデバイスを端末として利用できるため、費用を大幅に抑えることができます。既存のものを流用すれば費用はかからず、新規に購入する場合でも数万円程度と比較的安価です。

操作が直感的で簡単

従来のPOSレジの場合、慣れるまでは操作に手間取ることもありました。また、高機能ゆえに覚えることも多くマスターするにはマニュアルが必要で、扱うスタッフの習熟度も業務効率に影響を与えていました。
タブレットPOSレジの場合、直感的に操作できることからオペレーションの難易度は大きく軽減されています。近年はスマートフォンやタブレットが一般的に普及していることもあり、抵抗感なく操作できるスタッフが多いことも大きなメリットです。操作が容易なので、業務効率も改善されます。

店舗に合わせたカスタマイズが可能

タブレットPOSレジは従来のPOSレジとは異なり、様々な周辺機器が一体となっているわけではありません。必要な周辺機器は別途用意する必要があるため、その点を不便に感じることもあるかもしれません。もっとも、店舗に必要な機能だけを選んで利用することができるため、不要なものを省くことができるという点がメリットと言えます。
また、POSシステムはタブレットのアプリをベースとしているため、拡張性が高いと言えます。機能の追加や会計ソフトなど外部システムの連携なども比較的容易なため、より店舗に合わせたカスタマイズが可能です。


外出先からも店舗の売上を24時間確認できる

外出先からも店舗の売上を24時間確認できる

店舗のその日の売上は、営業終了後のレジ締め作業で確認するのが一般的です。オーナー様がその日の売上を把握するのは、レジ締め作業後に店舗から情報が送られてきてからとなります。しかし、より緻密でより効率的な店舗の経営にはリアルタイムでの売上確認が、オーナー様にとって必要不可欠です。
USENのUSENレジ FOODでは、インターネット環境があれば、外出先からでもブラウザで店舗の売上情報を確認することができます。
また、オーナー様専用のアプリケーション、USENレジ OWNERと連携することで売上管理だけでなく、来店ステータスや予約状況、スタッフの勤怠も確認することが可能です。
また、 クラウド型打刻・勤怠管理システムであるUSEN TIMECARDを利用すれば、勤怠情報も一元管理することが可能です。さらに、会計・経理に必要なデータを自動で反映できるMFクラウド会計 for USENと連携すれば、青色申告や会社法に対応した決算書を簡単に作成可能です。


まとめ

タブレットPOSレジ「USENレジ FOOD」には、様々なオプション機能・連携サービスがあります。店舗に合わせたカスタマイズができるタブレットPOSレジUSENレジ FOODを、この機会にぜひご検討ください。

導入をお考えの方はこちら

お電話でのお問い合わせ
0120-117-440(年中無休:9:00~22:30)